風早活性化協議会

鹿島のあるまち北条

  • トップページ
  • 一茶の道
  • 三輪田米山紀行
  • お山めぐり
  • 名所・名跡・風景

一茶の道

 小林一茶が初めて伊予路を訪れ、風早の地(北条地域)に足を踏み入れたのは、寛政7(1795)年でした。当時、小林一茶が歩いた道を、名所・句碑などを巡りながら歩いてみてはどうでしょうか?

 

一茶の風早来遊と俳諧文化の隆盛

 関ヶ原の戦いの後、伊予国は加藤嘉明と藤堂高虎によって分割統治され、風早郡も二分されたが、1635年の替地ですべてが松山藩領となり、松山15万石の1割を占める郷村という存在になった。
 江戸時代に広まったとされる俳諧は、当時の風早地方でも盛んに行われた。北条に100基以上ある句碑や、各地の寺社に残る奉納俳額の数々からも、いかに北条が俳諧と縁の深い地域であるかがわかる。近世以降、庄屋や商家の主たちを中心に、遠来の文人や俳諧師を温かく迎え入れる土壌が、庶民の間に俳文学が浸透する要因であったとも考えられる。
 江戸時代の代表的俳人・小林一茶も、風早の地を訪れた一人。1795年、旧友との再会のため最明寺までやってきたものの、彼はすでに亡く、寺からは一夜の宿さえ断られてしまう。幸い近くの庄屋髙橋五井(俳号)邸に迎えられ、翌日は、八反地の門田兎文(俳号)宅で歓待を受け、手厚いもてなしを喜ぶ句をいくつか残している。この一茶来遊を機に風早の俳壇はさらに盛り上がりを見せ、後の正岡子規や高浜虚子、柳原極堂など多くの俳人輩出につながっていった。
 一茶が歩いた風早地方の下難波から最明寺までの約4.5キロメートルのルートは「一茶の道」として整備され、自然と文学を楽しめる散策コースとなっている。

最明寺の一茶座像レリーフ

最明寺の一茶座像レリーフ

 
 

三輪田米山紀行

 豪快で奔放自在な書風から、近代書の先駆と評される三輪田米山。神職仲間や、親交のあった氏子の依頼で、愛媛県中予一帯の神社や、旧家の石碑・祭幟・襖・扇・掛軸等に数多く揮毫しています。ここ風早の地にも米山の足跡は今なお、息づいています。郷土色あふれる当地方の五社を巡ってみましょう。

三輪田米山紀行
(祭都風早ガイドブックより抜粋)

三輪田米山 《みわだ べいざん》
本名は常貞。1821(文政4)年、伊予松山の日尾八幡神社神官三輪田清敏の長男として生まれ、1908(明治41)年に没した、伊予の神主である。米山は、明治維新をはさんだ激動の時代に生きながら、王義之(おうぎし)をはじめとする書の古典に深く学び、独自の書風を形成した。 平成19年2月、「米山顕彰会」が結成され、米山作品の鑑賞・普及また、作品の保存等に力を注いでいる。

三輪田米山

三輪田米山 肖像→
(日尾八幡神社所蔵)

 

お山めぐり

 北条地域には気軽に登山できる山がたくさんあります。山頂からは北条地域の美しい景色を見ることができます。

風早お山めぐり(風の章)

風早お山めぐり(早の章)

 

名所・名跡・風景

 北条地域には河野氏ゆかりのお寺や、見る人を感動させる夕陽スポットなど、名所・風景が溢れています。ぜひ巡ってみてください。

庄・奥の谷古墳

 この古墳は丘陵の斜面を利用し、入口が南に面した円墳である。構造の上から言えば横穴式である。内部は羨道と玄室に区分され、その奥行きは12m、入口の高さ1.25m、玄室の高さは3mである。
 すべて巨大な花崗岩を使用しており、羨道、玄室ともに天井は各3枚の巨石の持送り方式によって構築している。奥壁は幅1.8m、高さ3mにおよぶ巨大な1枚岩を使った豪壮なものである。
 使用されている石の大きさや構造などからみて、古墳時代の後期である6~7世紀のうち、比較的遅くに造られたものと考えられるが、横穴式のものとしては県下でもっとも大きな古墳の一つと言えるであろう。内部の棺や副葬品の大部分が明治25年(1892年)ころに盗掘されて失われたことが残念である。

庄・奥の谷古墳
 

庄・薬師堂

 平安時代、物部氏の統治下にあったとみられる風早郡は、肥沃な土地と温暖な気候に恵まれた豊かな生産力を背景に、政治・経済が高度な発展を遂げた。加えて、物部薬のような中国大陸の文化を伝える人たちの出現もあり、薫り高い文化が花開いたと考えられる。
 それを裏付けるのが、荘園に由来する地名といわれる庄地区の薬師堂に安置された、国指定重要文化財の2体の菩薩立像。乾漆造りの手法や像の膝下の表現方法など、唐招堤寺の諸像に共通する点があり、平安初期の作とみられている。これらは愛媛県最古の仏像の類とされ、古代風早地方の繁栄の様子が垣間見える。

庄・奥の谷古墳

木造菩薩立像
(国指定重要文化財・S40年5月29日指定)

庄・奥の谷古墳

木心乾菩薩立像
(国指定重要文化財・S40年5月29日指定)

 

國津比古命神社

《主祭神》天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊、宇摩志麻治命、物部阿佐利命、誉田別命

 当神社は応神天皇の御代(西暦270年〜310年)に風早国造に任命された物部阿佐利命がその祖神である天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊及びその子宇摩志麻治命を奉斎したことに始まる。饒速日尊は天照皇大神の御子天忍穂耳命の御長子で、大和に天降りそこを中心とした国造り着手され、天孫の天下経営の大業に協力せられ、その子宇摩志麻治命も父命の御志を継がれ地方の開発に偉大な功績を残された。当神社は初め櫛玉饒速日尊神社と称し、阿佐利命を合祀して現社名に、誉田別命を合祀して頭日八幡宮と改称したが、中御門天皇の御代に旧号に復した。向かい合って鎮座する櫛玉比賣命神社とともに『延喜式神名帳』にその名を残す由緒深い神社である。

國津比古命神社
 

櫛玉比賣命神社

《主祭神》天道姫命、御炊屋姫命

 当神社は物部阿佐利命が天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊の妃姫である天道姫命及び御炊屋姫命を奉斎したことに始まる。天道姫命は大国主命の御子であられ、御炊屋姫命は大和国鳥見の豪族の長髄彦の妹君で、宇摩志麻治命の母君にあたる。櫛玉比賣命神社は中古には祓座大明神とも称せられたが、後水尾天皇御代の寛永年間(西暦1624年〜1629年)に官命を受け南方の小山の頂から現在の地に奉遷され、中御門天皇の御代に旧号に復した。國津比古命神社とともに『延喜式神名帳』に記載されている。
 尚、神社前方の小山は本殿裏にまで至る前方後円墳の一部である。

櫛玉比賣命神社
 

善応寺

 善応寺は、河野通盛が本拠を道後湯築城に移す時、自分が住んでいた土居館を京都東福寺に模して創建したと言われている。

善応寺
 

風早を代表する花(旧北条市の花)
エヒメアヤメ −国指定天然記念物−

腰折の小燕子花はいちらしや いとしき人のなさけにも似て    吉井 勇
 こかきつばたの名で歌われた腰折山の可憐な花は、植物学者の牧野富太郎によって命名されたエヒメアヤメである。陽春4月上旬を開花期とし、数センチの高さに薄紫色の花を咲かせる。腰折山はその南限地として知られていたが、昭和43年宮崎県えびの高原に自生が確認され、エヒメアヤメの自生南限地帯は2件以上にわたるものとされている。

善応寺
 

立岩つつじまつり

 立岩地域は、高縄山の北側、立岩川流域にある18の地区からなり、豊かな自然に囲まれた山村地帯である。
 地域の宝ひとつ「貫之山」には、毎年5月につつじの花が斜面いっぱいに咲き誇る。ここにつつじが植樹されたのは昭和48年4月まで遡り、以来40年以上もの間、立岩小学校と地域のボランティアの手によって守り育てられてきた。いつまでも心に残る風景を、広くみなさんに知ってもらおうと、「立岩つつじ祭り」が開催されるようになってから、17回(平成28年度)を数える。立岩小学校の校庭から貫之山のつつじを眺めながらの、地域の物産販売、新鮮野菜などの青空市、地元北条高校吹奏楽部による青空演奏会、フラダンス愛好会による青空発表会や特産のイノシシ汁の無料配布など、住民手づくりによる心のこもったイベントを開催している。

善応寺
 

高縄山の千手杉 −松山市指定天然記念物−

樹高 28.0m 胸高幹周540cm 樹齢300年以上

 

 千手杉は、主幹の下部から上部までに多数の大枝がでており、上部を除いたその大多数は主幹に寄り沿うように直立状または斜め上に伸びており、スギの巨樹では稀な樹形をしていて貴重な存在である。
 また、その樹形は、あたかも近くの河野氏ゆかりの高縄寺の本尊『十一面千手観音像』に似ていることにも存在意義があり、この名木を末永く保存する必要がある。

善応寺