風早活性化協議会

浅海校区

浅海校区には、本谷・小竹・真沖・真沖浜・原・原浜・味栗の7地区にだんじりがあります。運行は、宵祭りである土曜日の午後7時頃から始まり、翌日日曜日に本祭りを迎えます。宵祭りの日は、午後7時から浅海公民館前において統一のかき比べを行います。 だんじりの運営は、中学生以下の子供たちとその保護者が行っていますが、昨今の少子化により困難を極めています。しかしながら、地元の祭りを盛り上げようとする熱意でもって継続されています。

浅海校区地図

A. 本谷(ホンダニ)

基本情報

町区名 本谷 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名 浅海地区秋祭り実行委員会 屋台新調年/元号(西暦)  
棟梁名   大提灯文字名  
所属・奉仕神社 葛城神社
 

特徴

 私たち中西内区は、約130世帯からなる地域の絆が深い地区です。そのほとんどが農家で農繁期には互いに助け合いながら田植えや収穫作業に励む、古き良き時代の面影を残すのどかな地域です。春にはお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)、夏には盆踊りや新田神社祭礼の演芸大会、秋は秋祭りに亥の子、冬は三世代交流会での餅つきや注連縄作りなど一年間を通じて愛護班や瑞穂会、部落役員が連携し世代を超えた交流で絆を深めている懐かしさの残る地域です。
 「瑞穂とはみずみずしく実った稲穂のことで、古くは古事記に豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)の記述があるように日本国の美称であります。現在の大屋台は平成15年建立で材木の切り出しから、かき棒の削りまで自分たちで行い、棟梁も地区内の職人が務めた完全な手作りの屋台です。四本棒と四枠は黒、欄干は朱の漆塗りで、四方に白房をあしらった絢爛豪華なたたずまいは、私たちの宝であり自慢でもあります。金具を一切使わず、ロープ一本でかき棒を取り付ける技術はいつまでも伝えていきたい伝統です。
 今後もさまざまな場面で他地区との連携を図り、地域の活性化のために尽力していきたいと思います。

 

正面

側面

斜面

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

B. 小竹(コタケ)

基本情報

町区名 小竹 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名 浅海地区秋祭り実行委員会 屋台新調年/元号(西暦)  
棟梁名   大提灯文字名  
所属・奉仕神社 葛城神社
 

特徴

 私たち中西内区は、約130世帯からなる地域の絆が深い地区です。そのほとんどが農家で農繁期には互いに助け合いながら田植えや収穫作業に励む、古き良き時代の面影を残すのどかな地域です。春にはお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)、夏には盆踊りや新田神社祭礼の演芸大会、秋は秋祭りに亥の子、冬は三世代交流会での餅つきや注連縄作りなど一年間を通じて愛護班や瑞穂会、部落役員が連携し世代を超えた交流で絆を深めている懐かしさの残る地域です。
 「瑞穂とはみずみずしく実った稲穂のことで、古くは古事記に豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)の記述があるように日本国の美称であります。現在の大屋台は平成15年建立で材木の切り出しから、かき棒の削りまで自分たちで行い、棟梁も地区内の職人が務めた完全な手作りの屋台です。四本棒と四枠は黒、欄干は朱の漆塗りで、四方に白房をあしらった絢爛豪華なたたずまいは、私たちの宝であり自慢でもあります。金具を一切使わず、ロープ一本でかき棒を取り付ける技術はいつまでも伝えていきたい伝統です。
 今後もさまざまな場面で他地区との連携を図り、地域の活性化のために尽力していきたいと思います。

 

正面

側面

斜面

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

C. 真沖(マオキ)

基本情報

町区名 真沖 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名 浅海地区秋祭り実行委員会 屋台新調年/元号(西暦)  
棟梁名   大提灯文字名  
所属・奉仕神社 葛城神社
 

特徴

 私たち中西内区は、約130世帯からなる地域の絆が深い地区です。そのほとんどが農家で農繁期には互いに助け合いながら田植えや収穫作業に励む、古き良き時代の面影を残すのどかな地域です。春にはお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)、夏には盆踊りや新田神社祭礼の演芸大会、秋は秋祭りに亥の子、冬は三世代交流会での餅つきや注連縄作りなど一年間を通じて愛護班や瑞穂会、部落役員が連携し世代を超えた交流で絆を深めている懐かしさの残る地域です。
 「瑞穂とはみずみずしく実った稲穂のことで、古くは古事記に豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)の記述があるように日本国の美称であります。現在の大屋台は平成15年建立で材木の切り出しから、かき棒の削りまで自分たちで行い、棟梁も地区内の職人が務めた完全な手作りの屋台です。四本棒と四枠は黒、欄干は朱の漆塗りで、四方に白房をあしらった絢爛豪華なたたずまいは、私たちの宝であり自慢でもあります。金具を一切使わず、ロープ一本でかき棒を取り付ける技術はいつまでも伝えていきたい伝統です。
 今後もさまざまな場面で他地区との連携を図り、地域の活性化のために尽力していきたいと思います。

 

正面

側面

斜面

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

D. 真沖浜(マオキハマ)

基本情報

町区名 真沖浜 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名 浅海地区秋祭り実行委員会 屋台新調年/元号(西暦)  
棟梁名   大提灯文字名  
所属・奉仕神社 葛城神社
 

特徴

 私たち中西内区は、約130世帯からなる地域の絆が深い地区です。そのほとんどが農家で農繁期には互いに助け合いながら田植えや収穫作業に励む、古き良き時代の面影を残すのどかな地域です。春にはお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)、夏には盆踊りや新田神社祭礼の演芸大会、秋は秋祭りに亥の子、冬は三世代交流会での餅つきや注連縄作りなど一年間を通じて愛護班や瑞穂会、部落役員が連携し世代を超えた交流で絆を深めている懐かしさの残る地域です。
 「瑞穂とはみずみずしく実った稲穂のことで、古くは古事記に豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)の記述があるように日本国の美称であります。現在の大屋台は平成15年建立で材木の切り出しから、かき棒の削りまで自分たちで行い、棟梁も地区内の職人が務めた完全な手作りの屋台です。四本棒と四枠は黒、欄干は朱の漆塗りで、四方に白房をあしらった絢爛豪華なたたずまいは、私たちの宝であり自慢でもあります。金具を一切使わず、ロープ一本でかき棒を取り付ける技術はいつまでも伝えていきたい伝統です。
 今後もさまざまな場面で他地区との連携を図り、地域の活性化のために尽力していきたいと思います。

 

正面

側面

斜面

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

E. 原(ハラ)

基本情報

町区名 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名 浅海地区秋祭り実行委員会 屋台新調年/元号(西暦)  
棟梁名   大提灯文字名  
所属・奉仕神社 葛城神社
 

特徴

 私たち中西内区は、約130世帯からなる地域の絆が深い地区です。そのほとんどが農家で農繁期には互いに助け合いながら田植えや収穫作業に励む、古き良き時代の面影を残すのどかな地域です。春にはお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)、夏には盆踊りや新田神社祭礼の演芸大会、秋は秋祭りに亥の子、冬は三世代交流会での餅つきや注連縄作りなど一年間を通じて愛護班や瑞穂会、部落役員が連携し世代を超えた交流で絆を深めている懐かしさの残る地域です。
 「瑞穂とはみずみずしく実った稲穂のことで、古くは古事記に豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)の記述があるように日本国の美称であります。現在の大屋台は平成15年建立で材木の切り出しから、かき棒の削りまで自分たちで行い、棟梁も地区内の職人が務めた完全な手作りの屋台です。四本棒と四枠は黒、欄干は朱の漆塗りで、四方に白房をあしらった絢爛豪華なたたずまいは、私たちの宝であり自慢でもあります。金具を一切使わず、ロープ一本でかき棒を取り付ける技術はいつまでも伝えていきたい伝統です。
 今後もさまざまな場面で他地区との連携を図り、地域の活性化のために尽力していきたいと思います。

 

正面

側面

斜面

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

F. 原浜(ハラハマ)

基本情報

町区名 原浜 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名 浅海地区秋祭り実行委員会 屋台新調年/元号(西暦)  
棟梁名   大提灯文字名  
所属・奉仕神社 葛城神社
 

特徴

 私たち中西内区は、約130世帯からなる地域の絆が深い地区です。そのほとんどが農家で農繁期には互いに助け合いながら田植えや収穫作業に励む、古き良き時代の面影を残すのどかな地域です。春にはお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)、夏には盆踊りや新田神社祭礼の演芸大会、秋は秋祭りに亥の子、冬は三世代交流会での餅つきや注連縄作りなど一年間を通じて愛護班や瑞穂会、部落役員が連携し世代を超えた交流で絆を深めている懐かしさの残る地域です。
 「瑞穂とはみずみずしく実った稲穂のことで、古くは古事記に豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)の記述があるように日本国の美称であります。現在の大屋台は平成15年建立で材木の切り出しから、かき棒の削りまで自分たちで行い、棟梁も地区内の職人が務めた完全な手作りの屋台です。四本棒と四枠は黒、欄干は朱の漆塗りで、四方に白房をあしらった絢爛豪華なたたずまいは、私たちの宝であり自慢でもあります。金具を一切使わず、ロープ一本でかき棒を取り付ける技術はいつまでも伝えていきたい伝統です。
 今後もさまざまな場面で他地区との連携を図り、地域の活性化のために尽力していきたいと思います。

 

正面

側面

斜面

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

G. 味栗(ミクリ)

基本情報

町区名 味栗 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名 浅海地区秋祭り実行委員会 屋台新調年/元号(西暦)  
棟梁名   大提灯文字名  
所属・奉仕神社 葛城神社
 

特徴

 私たち中西内区は、約130世帯からなる地域の絆が深い地区です。そのほとんどが農家で農繁期には互いに助け合いながら田植えや収穫作業に励む、古き良き時代の面影を残すのどかな地域です。春にはお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)、夏には盆踊りや新田神社祭礼の演芸大会、秋は秋祭りに亥の子、冬は三世代交流会での餅つきや注連縄作りなど一年間を通じて愛護班や瑞穂会、部落役員が連携し世代を超えた交流で絆を深めている懐かしさの残る地域です。
 「瑞穂とはみずみずしく実った稲穂のことで、古くは古事記に豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)の記述があるように日本国の美称であります。現在の大屋台は平成15年建立で材木の切り出しから、かき棒の削りまで自分たちで行い、棟梁も地区内の職人が務めた完全な手作りの屋台です。四本棒と四枠は黒、欄干は朱の漆塗りで、四方に白房をあしらった絢爛豪華なたたずまいは、私たちの宝であり自慢でもあります。金具を一切使わず、ロープ一本でかき棒を取り付ける技術はいつまでも伝えていきたい伝統です。
 今後もさまざまな場面で他地区との連携を図り、地域の活性化のために尽力していきたいと思います。

 

正面

側面

斜面

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。