風早活性化協議会

河野校区

河野校区には、宮内、別府、府中、柳原、片山、中須賀、中須賀団地、夏目、佐古、常保免、善応寺の10地区にだんじりがあります。 小学生から大人までが力を合わせて、だんじりの運行に努めています。県道を封鎖しての3台、4台と連ねただんじりの練りは、高縄山や瀬戸内海を背に周りの風景と一体化して幟旗とともに秋の風物詩となっています。

河野校区地図

A. 善応寺(ゼンオウジ)

基本情報

町区名 善応寺 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名 善応寺区長会及び荒魂会 屋台新調年/元号(西暦) 平成24年(2012年)
棟梁名 向井健二 大提灯文字名 八面荒魂 荒魂神社
所属・奉仕神社 高縄神社・荒魂神社
 

特徴

 風早南部地域(河野地区)は、中世の豪族河野氏の居城があった場所です。特に善応寺地区はその中心的な場所でした。高縄神社はその河野氏が厚く信仰した神社です。その神社の秋祭り(本祭り)で各地区のだんじりが一同に会します。善応寺地区のだんじりは、平成24年に大だんじりを新調しました。新調に当たっては、地域にお住まいの大工である向井健二氏を棟梁として、地域住民も協力して製作に当たりました。また、数年間かけて地域住民で寄付や積み立てを行い、資金を貯めての新調だったため、新調お披露目会はたくさんの人手で賑わい、新調しただんじりを祝いました。だんじりの見所は、何といっても彫金や木彫の細工のきめ細かさです。彫金の波兎は善応寺院の瓦をモチーフにしました。また四本棒の最上部は組木での立ち上がりでその立ち上がりは見応えがあります。きめ細かな木彫細工も目を引くことでしょう。さらに、足周りにもこだわりがあり、タイヤが見えないように屋台の下位部分があり、屋台が実物大以上に大きく見えます。各地区のだんじりには、それぞれに特徴があり、善応寺地区はこうしたフォルムが特徴になっています。
 子どもだんじりは、約35年前に製作されました。改良を重ね、現在の形に至ります。
 屋台上部の4面の龍などの絵が勇ましさを感じさせます。両だんじり共にロープの巻き方や組み立て方にはこだわりをもっています。祭りの際には、ぜひ近くに寄って、一つ一つ作りや出来をご覧いただけたらと思います。

 

正面

側面

斜面

提灯(表)

提灯(裏)

法被(表)

法被(裏)

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

B. 佐古・常保免(サコ・ジョウホウメン)

基本情報

町区名 佐古 祭礼称号 折敷に三文字
祭礼奉仕青壮年団体名 佐古・常保免子ども会 屋台新調年/元号(西暦)  
棟梁名   大提灯文字名 佐古
所属・奉仕神社 高縄神社・山ノ神神社
 

特徴

 私達佐古区は、河野地域の上に位置した小さな地区です。小さな地区ですが、その分地区住民の団結も固く秋祭りにおいても他の地区に負けない盛り上がりを見せています。
 だんじりにおいては、子ども会を中心に大人子供問わず盛大に楽しみ、祭り最後の神輿においては、先輩方の音頭に合わせ威勢よく神事をおこない地区の伝統を守り継いでいます。

 

正面

側面

斜面

法被(表)

法被(裏)

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

C. 宮内(ミヤウチ)

基本情報

町区名 宮内区 祭礼称号 北条秋祭り
祭礼奉仕青壮年団体名   屋台新調年/元号(西暦) 昭和49年(1974年)
棟梁名 義野晋一 大提灯文字名 宮内
所属・奉仕神社 高縄神社
 

特徴

 私たち中西内区は、約130世帯からなる地域の絆が深い地区です。そのほとんどが農家で農繁期には互いに助け合いながら田植えや収穫作業に励む、古き良き時代の面影を残すのどかな地域です。春にはお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)、夏には盆踊りや新田神社祭礼の演芸大会、秋は秋祭りに亥の子、冬は三世代交流会での餅つきや注連縄作りなど一年間を通じて愛護班や瑞穂会、部落役員が連携し世代を超えた交流で絆を深めている懐かしさの残る地域です。
 「瑞穂とはみずみずしく実った稲穂のことで、古くは古事記に豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)の記述があるように日本国の美称であります。現在の大屋台は平成15年建立で材木の切り出しから、かき棒の削りまで自分たちで行い、棟梁も地区内の職人が務めた完全な手作りの屋台です。四本棒と四枠は黒、欄干は朱の漆塗りで、四方に白房をあしらった絢爛豪華なたたずまいは、私たちの宝であり自慢でもあります。金具を一切使わず、ロープ一本でかき棒を取り付ける技術はいつまでも伝えていきたい伝統です。
 今後もさまざまな場面で他地区との連携を図り、地域の活性化のために尽力していきたいと思います。

 

正面

斜面

提灯(表)

法被(表)

法被(裏)

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

D. 夏目(ナツメ)

基本情報

町区名   祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名   屋台新調年/元号(西暦)  
棟梁名   大提灯文字名  
所属・奉仕神社  
 

特徴

 私たち中西内区は、約130世帯からなる地域の絆が深い地区です。そのほとんどが農家で農繁期には互いに助け合いながら田植えや収穫作業に励む、古き良き時代の面影を残すのどかな地域です。春にはお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)、夏には盆踊りや新田神社祭礼の演芸大会、秋は秋祭りに亥の子、冬は三世代交流会での餅つきや注連縄作りなど一年間を通じて愛護班や瑞穂会、部落役員が連携し世代を超えた交流で絆を深めている懐かしさの残る地域です。
 「瑞穂とはみずみずしく実った稲穂のことで、古くは古事記に豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)の記述があるように日本国の美称であります。現在の大屋台は平成15年建立で材木の切り出しから、かき棒の削りまで自分たちで行い、棟梁も地区内の職人が務めた完全な手作りの屋台です。四本棒と四枠は黒、欄干は朱の漆塗りで、四方に白房をあしらった絢爛豪華なたたずまいは、私たちの宝であり自慢でもあります。金具を一切使わず、ロープ一本でかき棒を取り付ける技術はいつまでも伝えていきたい伝統です。
 今後もさまざまな場面で他地区との連携を図り、地域の活性化のために尽力していきたいと思います。

 

正面

側面

斜面

提灯(表)

提灯(裏)

法被(表)

法被(裏)

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

E. 別府(ベップ)

基本情報

町区名 別府区 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名 澤山会 屋台新調年/元号(西暦) 平成20年(2008年)
棟梁名   大提灯文字名 河野別府
所属・奉仕神社 高縄神社・若宮神社
 

特徴

 別府地区ではだんじりの準備、運行を通して地域のつながりを広げています。
 9月下旬より、毎晩だんじりの準備を和気あいあいと進めています。
 そして“みんなで”、“無理なく”、“楽しく”、をモットーにみんなが集える場を作ってきました。
 年配の方から小さな子供まで、すべての世代が参加して、みんなで力を合わせて祭りを盛り上げています。

 

正面

側面

斜面

提灯(表)

提灯(裏)

法被(表)

法被(裏)

小だんじり
正面

小だんじり
側面

小だんじり
斜面

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

F. 柳原(ヤナギハラ)

基本情報

町区名 柳原 祭礼称号 柳原
祭礼奉仕青壮年団体名 柳原三穂会 屋台新調年/元号(西暦) 平成27年(2015年)
棟梁名 菅 博(㈲菅建設) 大提灯文字名 東方朔
所属・奉仕神社 髙縄神社・三穂神社
 

特徴

 髙縄神社の神幸祭には柳原地区からは大壇尻一台・小壇尻一台にて参加します。
 翌日、地区内の三穂神社の宮出しでは大神輿一台・神輿二台・子供神輿二台にて柳原区内を渡御します。神輿を受け入れてくれる家々では御神酒や食事などを振る舞って頂き、担手を労ってくれます。宮入には神輿二台にて神輿合わせをし、仲間の結束を確かめ合います。最後に火照った気持ちを冷ますが如く、海に神輿ごと禊(みそぎ)をします。
 柳原地区の大壇尻は平成27年㈲菅建設 菅 博 棟梁方にて製作し、新調しました。
 大提灯部分には東方朔(とうぼう-さく)が鎮座し、迫力のある姿で大壇尻から担手(かきて)を見守っています。白木造りの屋台と全長14mの担棒とのバランスは優雅で美しいです。担手も誇らしく一致団結して精一杯盛り上げてかついでいます。
 力強い屋台と粋な担手との結びつきはまさに東方朔(とうぼう-さく)のようです。
 柳原の大壇尻最高!!

 

正面

側面

斜面

法被(表)

法被(裏)

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

G. 府中(フチュウ)

基本情報

町区名 府中区 祭礼称号 府中
祭礼奉仕青壮年団体名 府中紅葉會 屋台新調年/元号(西暦) 平成13年(2001年)
棟梁名 渡部宜弘 大提灯文字名 府中
所属・奉仕神社 高縄神社・金毘羅宮
 

特徴

 我々府中区は、北条河野地区の西側にあり柳原地区を取り囲むような地域です。
 世帯数は約200世帯で、新屋敷・古町・西の下・明日の団地の4つの地区で運営しています。
 府中区の歴史は浅く、昭和52年に旧別府区から離れ、新しい地区として誕生 しました。
 府中区誕生から、平成10年まで、近隣の柳原地区と一緒にお祭りを行っていましたが、世帯数も増え、府中で独自のお祭りを行ってはとの声が上がり、当時役員と、数十名の勇志の方々が、立ち上げた、手作りのお祭りです。  歴史は新しいでのすが、その分自分達でつくるという気持が強く、だんじりかき棒の制作は、山からの伐り出しから、仕上げまでを、やる気と情熱でがんばって、手作りしました。
 府中神社も平成24年に金毘羅宮の分社として、集会場横に建立いたしました。 当初かかわった、勇志の人たちが中心に「もみじ会」を立ち上げ、秋祭りを中心に府中区の季節にあった行事、ボランティア等に参加し、府中区を楽しくて、明るい町になるよう、日々活動しています。
 今後より一層、他地区との交流を積極的に行い、私たちが作りあげたお祭りが、歴史になり、後輩に引き継げるような、立派で活気あるお祭りに成るよう頑張ります。

 

正面

法被(表)

法被(裏)

小だんじり
正面

小だんじり
側面

小だんじり
斜面

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

H. 中須賀(ナカスカ)

基本情報

町区名 中須賀 祭礼称号 春日會
祭礼奉仕青壮年団体名 中須賀区秋祭り実行委員会 屋台新調年/元号(西暦) 不明
棟梁名 不明 大提灯文字名 中須賀 春日会
所属・奉仕神社 高縄神社・恵比寿神社・春日神社
 

特徴

 中須賀区は、高山川の河口一帯から瀬戸内海に面した場所で、潮風香る素敵なところです。以前は約200.世帯ほどでしたが平成17年にパルティフジ夏目店が建設の際、周辺住宅大規模開発が行われ約80世帯増え、さらに平成20年頃より新たな住宅開発により、世帯数も増え現在350世帯を超える地区となりました。
 旧中須賀区民と新たに中須賀区民となった方々と共に協力し、より良い地域作りを志しています。
 続いて秋祭りに関してですが、北条地域の中でも河野地区の誇れる特徴が中学生以下の子供たちが主役である祭りです。しかしながら、中学卒業後は地元(中須賀地区)と関わる機会がなくなる寂しさもあります。そこで、中須賀区も大人だんじりの屋台を持とうと、中須賀区内にある春日神社に由来して、「春日會」を結成しました。秋祭りだけでなく、中須賀区内での夏祭りや敬老会での餅つき、河野地区の公民館祭り等様々なイベントを通して、地域の活性化に尽力しています。
 大人だんじりの屋台は、同じ北条地域の他の地区が屋台を新調する際、譲り受けました。
 提灯を作り、白木の手入れをし、飾り金具を磨きと皆で力を合わせて中須賀区大人だんじりへと生まれ変わりました。大人だんじりの運行を始めて約10年が経ち、中学校を卒業してからも子たちが毎年祭りに参加し、楽しそうに区民の方と語らう姿が見られるようになりました。中須賀区の秋祭りは、新旧区民・大人子供問わず、皆のコミュニケーションの「場」となり、地域活性化の一助となっています。
 祭りを通して、誰もが楽しく笑顔になれる姿を是非、様々な方に観ていただきたいと思います。祭りって本当にいいものですね。

 

正面

側面

斜面

提灯(表)

提灯(裏)

法被(表)

法被(裏)

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

I. 中須賀団地(ナカスカダンチ)

基本情報

町区名 中須賀団地区 祭礼称号 不明
祭礼奉仕青壮年団体名   屋台新調年/元号(西暦) 不明
棟梁名 不明 大提灯文字名 少年
所属・奉仕神社 高縄神社
 

特徴

 私たち中西内区は、約130世帯からなる地域の絆が深い地区です。そのほとんどが農家で農繁期には互いに助け合いながら田植えや収穫作業に励む、古き良き時代の面影を残すのどかな地域です。春にはお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)、夏には盆踊りや新田神社祭礼の演芸大会、秋は秋祭りに亥の子、冬は三世代交流会での餅つきや注連縄作りなど一年間を通じて愛護班や瑞穂会、部落役員が連携し世代を超えた交流で絆を深めている懐かしさの残る地域です。
 「瑞穂とはみずみずしく実った稲穂のことで、古くは古事記に豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)の記述があるように日本国の美称であります。現在の大屋台は平成15年建立で材木の切り出しから、かき棒の削りまで自分たちで行い、棟梁も地区内の職人が務めた完全な手作りの屋台です。四本棒と四枠は黒、欄干は朱の漆塗りで、四方に白房をあしらった絢爛豪華なたたずまいは、私たちの宝であり自慢でもあります。金具を一切使わず、ロープ一本でかき棒を取り付ける技術はいつまでも伝えていきたい伝統です。
 今後もさまざまな場面で他地区との連携を図り、地域の活性化のために尽力していきたいと思います。

 

正面

側面

斜面

法被(表)

法被(裏)

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

J. 片山(カタヤマ)

基本情報

町区名 片山区 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名   屋台新調年/元号(西暦) 昭和61(1986)年頃譲り受け
棟梁名   大提灯文字名  
所属・奉仕神社 松尾神社
 

特徴

 私たち中西内区は、約130世帯からなる地域の絆が深い地区です。そのほとんどが農家で農繁期には互いに助け合いながら田植えや収穫作業に励む、古き良き時代の面影を残すのどかな地域です。春にはお釈迦様の誕生日を祝う灌仏会(かんぶつえ)、夏には盆踊りや新田神社祭礼の演芸大会、秋は秋祭りに亥の子、冬は三世代交流会での餅つきや注連縄作りなど一年間を通じて愛護班や瑞穂会、部落役員が連携し世代を超えた交流で絆を深めている懐かしさの残る地域です。
 「瑞穂とはみずみずしく実った稲穂のことで、古くは古事記に豊葦原之千秋長五百秋之瑞穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)の記述があるように日本国の美称であります。現在の大屋台は平成15年建立で材木の切り出しから、かき棒の削りまで自分たちで行い、棟梁も地区内の職人が務めた完全な手作りの屋台です。四本棒と四枠は黒、欄干は朱の漆塗りで、四方に白房をあしらった絢爛豪華なたたずまいは、私たちの宝であり自慢でもあります。金具を一切使わず、ロープ一本でかき棒を取り付ける技術はいつまでも伝えていきたい伝統です。
 今後もさまざまな場面で他地区との連携を図り、地域の活性化のために尽力していきたいと思います。

 

正面

側面

斜面

法被(表)

法被(裏)

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。