風早活性化協議会

難波校区

難波校区の大だんじりは馬場や境内での練りを前提に作られており、鳥居をくぐれる高さ、幅で、担ぎ棒の長さもそろえられている。笹の高さや旗の枚数も決められており、とても統一感がある中、日の丸のデザインや装飾で個々の雅さや個性を出している。難波校区の特徴として、ここの迫力というより、集団での美しさや動きを得意としている。特に無垢で行われる、境内での五台一糸乱れぬ練りこそが難波校区の団結力であり、誇りでもある。

難波校区地図

A. 庄区(ショウク)

基本情報

町区名 庄区 祭礼称号 十輪坊
祭礼奉仕青壮年団体名 十輪坊の会 屋台新調年/元号(西暦) 平成5年(1993年)
棟梁名 篠原保 大提灯文字名 丸金
所属・奉仕神社 國津比古命神社・春日大社・金毘羅神社
 

特徴

 庄区のだんじりは1993年に新調し、現在に至っております。大きさや、飾り付けなどは、難波地区として協調し大きさをそろえて、境内にて勇壮なカキ比べを実施しています。
 1996年、地域の若人が立ち上がり、祭りや、地域事業の活性化を推進しようと、十輪坊の会を発足させました。十輪坊の語源は古のころ、『國津比古命神社、櫛玉比売命神社、光徳院、十輪寺などの神社、仏閣群を総称して、十輪坊という』との文献より國津比古命神社、十輪寺の在する庄地区としてふさわしい名称として名付けたものです。
 また、獅子舞も百年以上の歴史を持って、今も継承しております。獅子の練習は、年間を通じて、行っており、十輪坊の会の活動と相まって、地域の人たちとの交流は元よりチームワーク、一丸となって活動する力は、どこにも負けないものと、自負しております。
 近年は人口減少による、過疎化等で、行事の遂行、祭事等に不安ですが、このような活動を通じ、地域の発展、振興の一助になろうと、区民とともに歩んでまいりたいと思っております。

 

正面

側面

斜面

提灯(表)

提灯(裏)

 

 

 

 

 

 

 

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

B. 上難波区(カミナンバク)

基本情報

町区名 上難波 祭礼称号 恵良
祭礼奉仕青壮年団体名 恵良会 屋台新調年/元号(西暦) 平成26年(2014年)
棟梁名 菅 博 大提灯文字名 恵良
所属・奉仕神社 恵良神社・国津比古命神社・櫛玉比賣命神社
 

特徴

 私たち恵良会は、上難波を愛し、上難波の子供たちのため小さい事からこつこつと、古きを学び伝え、新しきを創造しながら上難波の伝統を後世に残せるよう、心を一つにして、難波の祭りを支えて行こうと考えています。

 

正面

側面

斜面

提灯(表)

提灯(裏)

法被(表)

法被(裏)

 

 

 

 

 

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

C. 中通区(ナカドオリク)

基本情報

町区名 中通区 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名 三島会 屋台新調年/元号(西暦)  
棟梁名   大提灯文字名  
所属・奉仕神社 国津比古命神社・櫛玉比賣命神社・三島神社
 

特徴

 我々中通区は、約120世帯の小さな区ではありますが、難波地区5台の国津比古命神社境内におけるタイヤを外しての大屋台の生担きで、観客に楽しんでいただいています。
 この生担きを全国に発信して、多くの観客に来ていただきたいと思います。

 

正面

側面

斜面

提灯(表)

提灯(裏)

子だんじり
正面

子だんじり
側面

子だんじり
斜面

 

 

 

 

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

D. 下難波区(シモナンバク)

基本情報

町区名 下難波区 祭礼称号  
祭礼奉仕青壮年団体名 貴布禰会 屋台新調年/元号(西暦) 昭和63年(1988年)
棟梁名   大提灯文字名 下難波
所属・奉仕神社 貴布祢神社
 

特徴

 国指定天然記念物の指定を受けているエヒメアヤメの自生南限地である腰折山(こしおれさん)。古墳群四十二基が点在する新城山(しんじょうさん)。その裾野から平野部にかけては、先人たちの努力の結晶である耕地整理された水田が並び、西には波静かな斎灘が広がる。そんな風光明媚で気候温和な里に下難波区はあります。
 集会所近くの丸山(まるやま)には鎮守・貴布祢(きぶね)神社があり、下難波区の祭礼奉仕青壮年団体はその名を頂き「貴布祢会(きぶねかい)」と称し、平成12年に発足しました。以来、難波小校区の祭礼奉仕青壮年団体「伍神会」を構成する各地区団体とともに、祭りのみならず、難波地区の活性や各地区、各年代層の融和に励んできました。
 貴布祢会会員は現在66名。温厚な人柄の人間が多く、屋台運行においても荒々しさよりは安全運行を心掛け、屋台においても、赤幕に印してある社紋の十六菊以外は豪奢な装飾はなく、伝統を重んじた素朴な佇まいを受け継いでいます。

 

正面

側面

斜面

 

 

 

 

 

 

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。

 

E. 大浦区(オオウラク)

基本情報

町区名 大浦区 祭礼称号 網代
祭礼奉仕青壮年団体名 網代会 屋台新調年/元号(西暦) 平成5年(1993年)
棟梁名 西本昭英 大提灯文字名 網代
所属・奉仕神社 網代神社
 

特徴

 大浦はJRと風和理の二つの心の駅が多くの人を待っています。 山あり、海ありの地域で普段は穏やかな人が多いですが、お祭りが始まると心をひとつに気合を入れます。
 網代神社の氏子が集い、だんじりの上には、鯛が踊っています。集った難波の人の心のめでたいお祭を盛り上げていきます。
 最近は若い子たちが積極的に参加するようになり、若者から年配の方まで一致団結して、祭りを、地元を盛り上げようとしているのが我が地区の特徴です。

 

正面

側面

斜面

提灯(表)

提灯(裏)

法被(表)

法被(裏)

子だんじり

 

 

 

 

サムネイルをクリックすると大きな画像を見ることができます。